おもてなしの実践

講座終了後はさまざまな場で
おもてなしの実践がおこなわれています

献茶式

熊野那智大社14末社の神々に、おもてなし講座卒業生たちと お茶のご奉納をさせていただきました。

日々の暮らしでお客様にお茶を差し上げることと、神様にお茶を差し上げることが、ある意味同じである事に触れたことで、日々のおもてなしが大切な場であることに、少し触れることができました。

立志立命式

奈良時代から続く元服の儀に由来する立志式は、子どもが大人になるときに、自分の志を立てることでした。今ではほんの一部の中学校でしか立志式は行われていません。また、日本の芸道、武道の衰退は危機的な状況であります。

立志立命式では、大人の立志式として新たな日本文化の様式として蘇らせました。

会場に来られたお客さまを一服のお茶でお迎えする場を創り、おもてなし講座を卒業した人たちが活躍しています。